防具を揃える際には|剣道を行なう時は防具選びが重要|上質なものを選び愛用しよう

剣道を行なう時は防具選びが重要|上質なものを選び愛用しよう

剣道

防具を揃える際には

竹刀

自分に合ったサイズの防具

日本の武道の一つに剣道がありますが、剣道を始めるときには防具が必要になります。防具には、頭に被る面と手にはめる小手、おなかや腰周りにつける胴や垂れなどがあります。防具はどれも同じだと思っていらっしゃる方も意外と多いのですが、本来一人一人にあったサイズの防具を身につける必要があります。特に面のサイズは一番重要で、頭のサイズにジャストフィットしたものでなければ、面がぐらついたり逆にきつかったりして練習どころか試合にも集中することができなくなってしまいます。できればきちんとサイズを測って自分にあった防具を購入することが大事です。成長過程のお子さんであれば、面のサイズを調整することもできるので専門店に相談されるとよいでしょう。

まずは初心者セットを

剣道の防具の価格はピンからキリまでです。一つ一つが手作りのものになればそれだけ値段も高くなりますが、初心者であればまずは基本的なものから揃えればよいでしょう。最近は初心者の方のために、防具や胴衣などがすべてセットになったものも販売されています。剣道は竹刀一つとっても小学生、中学生、高校生、社会人とサイズも違うものです。ですから一式セットになったものを揃えておくとすぐに練習を始めることができるでしょう。まずはリーズナブルな価格のものから使い始め、だんだん上達してから自分にあったものを買い求めたりオーダーしたりすればよいのです。竹刀は使っているうちに割れたりささくれたりするのでこまめにチェックしましょう。